後遺障害慰謝料とは、交通事故により入院せざるを得ない状況になった場合やその後の通院費などの損害とは別に支払われる慰謝料のことです。厳密に分けると「後遺症」と「後遺障害」の意味はかなり違います。単純に「痛みや痺れなどの症状が残っている」という主張で何もしなければ、それは「後遺症」という判定になります。「後遺障害」とは、交通事故によって残った障害であるという後遺障害の申請をしてそれが公的に認定されることを指します。後遺障害の認定は損害保険料率算出機構に属する自賠責損害調査センター調査事務所という機関が行っています。つまり、この機関に認められなければ、後遺障害とはならずただの後遺症という認定ではその後の治療費は出ません。判例では、機関の後遺障害の等級に該当していなくても支払われるケースがありますが、何も知らずに裁判を起こしても結果がどうなるのか目に見えてわかるかと思います。そのため、法律の専門家に頼ることを躊躇しないでください。
後遺障害慰謝料は、事故後将来に渡り後遺症を抱えて生きていくことに対する精神的苦痛に対して支払われます。その為、介護や免許の保険等級にも似た等級段階によって後遺障害慰謝料の支払われる額が決まってきます。