後遺障害の等級認定とは、後遺障害に対する等級制度のことです。後遺障害の程度によって、全部で14等級に分かれます。何故、このように分類されているのかというと後遺症が残っているとされる被害者れぞれで発症する現象が異なるからです。つまり、交通事故では例として「むちうち」という診断結果でも首が痛い人と明らかに右手などが動かしづらくなった人など多種多様な原因があり個別にその被害額を算出するのが極めて困難な為です。また、後遺障害として残った部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率なども等級に応じて定められており、被害者が訴える症状は同じであっても等級が適正に評価されるかそうでないかでは大きく損害賠償の額が変わってきます。
そして、後遺症の等級は、通院費などの慰謝料とは別扱いです。その為、この等級の認定が損害賠償請求の基礎となるので、適正な賠償を受けるための適正な等級認定を受ける必要があります。また、判例で認められるケースもありますがそれはこの等級認定とは別物です。つまり、等級認定はなくても明らかに後遺障害がある場合は裁判を起こしてその障害を認めてもらうことが可能です。
また、等級認定を行っている損害保険料率算出機構の等級認定の原則として書面主義であり、殆どの場合で書面での審査しか認めません。

広告