後遺障害の異議申し立てとは、事故後、その事故による後遺症が治癒しない状態でそれを後遺障害として申請した時に認定された等級や認定されなかったときに異議を唱えて再審させることのできる制度です。つまり、「等級が認められたが望んでいた等級ではない」「後遺障害として認められなかった」など後遺障害等級認定の結果に対して異議を申し立て、再度、認定審査を求める事ができます。しかし、この時に単純に結果に対して不服だという意思を伝えるだけでは、結果の変更にはつながりなりません。診断書の詳細を医師に書き込んで貰う、新たに自分の状態を知らせる資料の提出など、今まで不足していた・提出していなかった情報を補うことにより認定等級が変更される場合は多々あります。
その為、明らかな後遺障害での苦痛があるのに認定されないなどと納得のできない状態なら異議申し立てを行うことを視野に入れましょう。
また、異議申し立てを「被害者請求」の形式で行う場合には、相手の自賠責保険会社に対して異議申立書を提出します。自分で提出するなら相手の自賠責保険会社に相談するとアドバイスは貰えますが、新たな証拠の提出などには積極的でない場合もあり得る点には注してください。そして、異議申立てを「一括扱い」のままで行う場合は、相手の任意保険会社に対して異議申立書を提出します。どのような場合でも、機関に書類を提出するのは変わらないのでなるべく詳細な診断書を用意するなど対策を練りましよう。