弁護士費特約とは、交通事故により、諸々の手続きを踏まえた上での弁護士を頼む場合に特約によりその費用を保険会社が支払うというものです。弁護士費用を特約として定めている保険は、実は少なくありません。また、その限度額は300万円まで補償という内容が多く、ちょっとした交通事故の問題ならその額内で解決できることは多々あります。また、この特約を使い交通事故の示談交渉で弁護士に依頼する場合は、相談料や着手金などの費用は最終的に慰謝料が支払われるまで自腹というパターンと最終的な慰謝料、決定後に後払いというパターンに分かれています。中には、成功報酬型のものもあり、料金体系と評判などをよく調べてから契約する必要があります。 この特約に関して言えば、その弁護士費用を保険でカバー出来るということなので非常に便利な特約です。 また、保険会社から依頼する弁護士を制限されることもありませんし、弁護士特約を使う例としては、請求額や相手の対応・示した金額に不信を抱いた時に非常に頼りになります。仕組みさえ、理解すればこの弁護士特約を利用し自賠責保険や任意保険に囚われない自由な法的請求を行うことが出来るため、非常に使い勝手のいい特約です。また、弁護士特約を付帯しているのは弁護士の力に頼ることが必要な場面が交通事故の賠償金請求では割とありがちな為です。

広告