実況見分とは、交通事故が起きた際に警察が行う状況確認のことです。また、このときには実況見分調書というものを作成します。 このとき作成される、実況見分調書は刑事裁判・民事裁判両方における重要な証拠となります。双方の過失割合を決める時に重要な証拠となります。実況見分とは、警察が、犯罪や事故が起きた場所における犯人、被害者、目撃者その他の位置関係や状況を明らかにすることが目的です。
また、双方立ち合いが基本ですがお互いの声が届かない程度の距離に引き離され、それぞれ別々に事故の状況聴取が行われます。このようにして被害者と加害者をある程度離れた距離で別々にして聴取を行うのは、同じ場所で話を聞いた場合、殆どは主張が異なる為、その場で新たな争いがおこるのを防ぐという目的もあります。そして、実況見分は後の過失割合や賠償金全てに影響を及ぼすほど重要な事柄であり、警察を呼ばないという選択肢もありますが保険などの適用を考えている場合悪影響しかありませんので事故にあったら警察を呼ぶことを徹底しましょう。
そして、民事裁判まで発展した場合は、この書類が事故状況を証明する最も重要な証拠となりますので事故当事者になった時にもっとも重要視しなければならない書類です。