同乗者とは、交通事故においてはハンドルを握ったりする運転者ではないと定義される人のことで、事故時に助手席に座っていた人などは同乗者とされます。また、事故内容によっては被害者にも加害者にもなり得ます。大きくその定義か変わってくるのは、任意保険の適用範囲になるかどうかです。
自賠責保険の適用範囲は、ドライバーのみでなく同乗者にも適用されます。また、ドライバーとの人間関係で自賠責保険が適用されるかどうかが決まることはありません。自賠責保険で補償すると決まった場合には、同乗者がドライバーとどのような関係にあっても同じ補償内容になります。
しかし、任意保険の補償範囲は、同乗者との関係で決まってきます。加害者側からの補償には関係ありませんが、自分の任意保険を使う際はどういった関係なのかがかなり重要になってきます。任意保険の場合は、ドライバー自身がどんな補償内容の任意保険に加入しているかで保養内容や補償額が滋養夏至ます。例をあげると、「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」がある場合は、その同乗者が家族かどうかによって適用されるかどうかが変わります。保険の約款に「運転者本人」ほか「配偶者」「父母」「子」が死傷したときには補償をしないという免責の記載があればその内容通りの支払いになります。また、搭乗者である場合には、どんな関係性でも一定の額を補償する任意保険も存在していますのでいざという時のために任意保険を見直しておきましょう。

広告