労災保険とは、通勤中や就業中に怪我をしたことで使える厚生労働省が統括している保険です。保険内容は、任意保険や自賠責保険などを合わせた複合的なものでありものや人どちらかしか保証しないという限定的なものではありません。また、通勤中や仕事中の交通事故は労災として認められますが、当然の事として通勤中や仕事中での移動中の事故も仕事中の事故として認められ労災の対象となります。労災と聞くと企業にとって悪いイメージしかなく、「移動は会社とは関係ない」などとし、社員に責任を取らせる会社も昔はありましたが、今は労災隠しが犯罪として認められるようになりましたので労災そのものの認定も増えました。一部の運送関係の会社や、製造業で労災発生ゼロ日数に拘っている会社では、社員の事故なのに素直に労災を認めない場合もありますが、通勤中や仕事中の交通事故は紛れもなく労災と規定されています。
また、仕事中の交通事故でも必ず労災保険が使える訳ではなく、自賠責保険と比べ要件の近い方を事故に当てはめて考えます。労災保険と自賠責保険は統括している省が違うという面もありますが、補償内容的には同じようなものが多数ありますのでケースバイケースとなります。その際には、保険会社と会社へ相談してみるといいでしょう。