後遺障害逸失利益とは,交通事故により治療によっても症状が治癒せず後遺障害が残った時に、後遺障害のせいで労働能力が失われたことを根拠にして将来の収入の減少分を損害として認めるというものです。そのため、交通事故により受傷したものによりどのくらい労働能力が喪失してしまったのかということを規定し、その利率に沿って損害を請求することができます。そして、損害賠償は基本的には全て金銭で賠償します。仕事によっても利率が違ってきますが、仕事に出ている影響に対しては主観的な立場の見解や医学的な見解なども総合して請求すなければなりません。その為、労働能力損失率という規定そのものに対して法律の専門家に相談するのが得策でもあります。交通事故により受傷する前を100パーセンの労働能力として、後遺障害によりその労働能力が何パーセント減少したのかということを証明すね必要が出てきます。仕事上で事故前に行えたものが全くできなくなってしまったなどという場合の割合なども規定として決まっています。しかし、その金額については一般人で知る人は少なく、思わず保険会社の回答に対してイエスと答えてしまうパターンもめずらしくありません。金額について不満がある場合は、法律の専門家に徹底して相談していきましょう。

広告