割合認定とは交通事故における、過失相殺の原理から来る双方の過失の割合を決めることです。これは10対0などと呼ばれる割合のことだと認識して問題ありません。交通事故の損害賠償請求においては過失相殺は度々問題となることも多く、この割合を決めるだけで1年以上かかる例もあります。では、何故過失ありきで事故を考えるのかというと加害者でも被害者でも事故に対する公平性を保つためですつまり、双方の過失割合によって損害賠償額は変わりこの過失の割合によっては、被害者側だとしても損害金を100%もらえる訳ではありません。
また、この割合認定制度によって損害賠償額は大きく変わります。10対0ならば、100%と考えて構いませんが保険会社から提示される損害賠償額をそのまま鵜呑みにしてしまうといったことも考えられるので過失割合が決まった段階から法律の専門家に相談するのが得策です。実際に、過失相殺の規定は決まっていますが具体的な規定な内容をこと細かく定めている訳ではありません。
そして、過失割合を決める内容はケースバイケースにより異なり、何をどう判断した為にこの割合になったなどの詳細な情報はなく、2や5、0などの割合以外は細かく当事者に伝えられることはありません。

広告