内容証明とは、郵便局が証明してくれる郵便のことで、誰がだれ宛にいつ書いたということを証明してくれます。また、書いた手紙の内容まで証明してくれますが、郵便局では書いてある内容が正しい事柄かどうかまでは判断したりしません。つまり、内容証明はするがその内容が正しいかどううかは証明しないので間違いのない書類の記載が必要になります。交通事故でこの内容証明を使う際には、相手に対して損害賠償の請求をしているときに役立ちます。つまり、手元に届いているかどうかやいつ発送したのかまでわかるようになっており、強制力はありませんが届いていなくて話の内容がわからないなどといったごまかし方を防ぐ効果もあります。もし、内容証明郵便を使う際は、配達証明付きの内容証明郵便にしてください。配達証明郵便は相手にそれがいつ届いたということを自分でしることがてぎます。
また、内容生類の使い方として交通事故の加害者が示談交渉に応じてくれない時には効果を発揮できます。交通事故については、刑事裁判がある時に示談の話をされるケースもありますが金額について揉めるようであればそもそも被害者の話を聞こうとしない加害者も多くいます。その為、内容証明の意味を知り。内容証明で損害賠償請求を行うことで相手は交渉の席に着く可能性はかなり高いです。

広告