共同不法行為とは、複数の人間が関与し様々な権利侵害の結果を発生させる現象のことです。民事上では、共同不法行為に対して責任の発生要件などを主観的・客観的範囲で定義しています。 つまり、誰かと共謀して事故をわざと起こした場合などはこれに当てはまり、主犯と共犯という考え方に近いものです。またこのような行為を受けた被害者に対しての損害賠償責任、後遺障害などはそれぞれ別の人間が共謀して同じ事故を起こしたとものとして自賠責に対して後遺障害の被害者請求が可能であり、仮に二人の加害者が居てその両方から同じだけの損害や精神的・肉体的苦痛をうけたのならば、申請することにより2人の加害者からの保険金が支払われます。この場合、保険金が2倍になるのが一般的です。
また、異時共同不法行為には色々な条件があります。ただでさえ、交通事故の判断は難しいですが加害者が100パーセント悪いと判断された後は相手方の保険会社と面と向かっていかなければなりません。つまり、加害者が二人いて同じだけの損害を被ったならば、二つの保険会社に面と向かっていかなければなりませんし、共同不法行為だとにんていされる為の働きを自ら興す必要があります・特に、長引いた治療の末にある後遺障害の認定時については要注意です。