全損とは、交通事故により車両を損傷した場合に修復が不可能なレベルで車両が破壊されていることを指します。単純に、修復不可能な損傷を受けた場合はわかりやすいですが、保険における全損扱いには車両盗難、修理費が車両費以上と換算される場合に全損と判断されます。ここで理解しておきたいのは、修理費が車両保険の保険価額以上になってしまった場合です。車両保険に加入すると、契約時に時価額を基に保険価額を設定されます。この保険価額を修理費が超えてしまうと全損扱いになり、例えば事故による修理費用が100万円となり、その車の保険価額が70万円でなどであれば修理可能な状態であっても全損として扱われるこになります。また、全損時に受け取れる価格は購入費用すべてではなく、設定した保険額です。つまり、購入にいくらかかろとも設定した保険額以上の物損の請求はできません。つまり、全損時にはその費用すべてを相手に請求できるわけではなく、保険価値に基づいた車両代のみが支払われる形になります。また、事故の衝撃によって全損するような事故であれば被害者の方が無傷という例はあまりないでしょう。物損として請求できる額は限られてきますが、物損以外の請求額については保険会社とのやり取りでかなり差があります。