入通院慰謝料とは、交通事故に遭ったことにより、入通院が必要になるレベルの後遺症が残った状態などで、症状固定と診断されるまでの医者での診察料などのことです。つまり、事故による怪我のせいで入通院を余儀なくされた場合の一定の期間の治療費は入通院慰謝料という名目で支払われます。この代金には、医者での診察料金、医者までの往復ガソリン代、入通院を行わなければならない精神的苦痛なども含んでいます。また、自賠責保険による入通院慰謝料は1日4,200円とされており、規定以上の支払いは望めないことを知っておきましょう。さらに細かな規定もありますが基本的に、被害者有利の条件で話が進むわけではなく、必要な対処法を自分で知っておかなければ一方的に損をすることになります。例えば、治療の方針では医師の診断をもとにしても保険適用外の治療を行った場合や今まで訴えてこなかった症状が突然現れた場合など、事故による怪我という名目が疑われる場合にはこの慰謝料には含まれません。また、自賠責保険の場合には一ヶ月の治療費として請求できる額は決まっていますのでその点にも注意してください。そして、通院については病院だけではなく捻挫や打撲と診断された場合には、整骨院も利用可能です。しかし、その場合も病院で作成された診断書が必要になり、保険会社との話し合いも必要になってきます。