免責とは、交通事故に限らず損害が発生しても保険会社が保険金を支払わなくていいという旨の規定のことです。 一般的には約定として保険金が支払われない範囲としての時効が記載がされており、どんな保険の重要事項説明書や約款には必ず記載されています。つまり、免責事項に該当している事項に関しては全て保険者の負担となります。例えば、「車両保険でも三親等までは保証するが全くの他人では補償しない」などの条件に該当した場合などは自己負担として処理されるということです。
また、事故などにより車が破損した場合、修理費用などを補償してくれるのが車両保険ですが、保険会社と契約していも全額を負担してくれるわけではない場合もあります。そして、保険とはまた別に自己負担で支払う金額のことを免責金額と呼んでいます。免責金額とは、保険と契約したうえで自己負担で費用を支払うことを指します。免責金額は火災保険や自動車保険などのその他の損害保険では、ある程度の額で設定されており、全体の保険料を安くするのが一般的です。また、免責金額についていえば設定した免責金額以下の損害が発生した場合は全て自己負担となります。その為、場合によっては保険料を安くせず全ての補償を含めた特約付きの保険に切り替えた方が安価になることもあります。

広告