入通院慰謝料とは、交通事故によって入院・通院しなければならない傷などを受け、入院・通院をする事態になったことに対する損害賠償のことを言います。つまり、交通事故によって受傷した 傷害を受けたことそのものに対する賠償と考えて良いでしょう。基本的に、被害者の方は加害者に対して入院慰謝料を請求できます。入院慰謝料を裁判で請求する場合は、赤本基準の金額で算定されます。まず、基準となる金額は大きく3つに分けられます。自賠責保険・任意保険・弁護士基準の3つです。この中では、やはり弁護士基準の賠償額が一番高くなっています。つまり、入院費や通院費も弁護士に頼むことで通常よりも増額を望めるというこです。
また、入院による精神的な苦痛・肉体的な苦痛も保険会社に言っても一蹴されることも珍しくなく法的知識がないと保険会社の言うがままになってしまうという危険性が高い点に注意してください。また、入院・通院以外の慰謝料の請求もできますがそれも法的ちしきがあってこそ初めて抵抗できるものですので個人で保険会社と渡り合うというのはかなり難しい状況です。また、相手にのみ過失がある場合は被害者の保険会社は交渉の席に着けません。慰謝料などの請求の段階から法律の専門家に相談することはその後の賠償額に大きく関わってきます。

広告