保険金とは、交通事故に遭ったことにより保険会社から支払われる賠償金の事を言います。保険金は、一定額ではなく基準によってかなりの差がありますので、一言では金額を説明することができないぐらい複雑で複合的な要素を持っています。また、大きく分けると、自賠責保険の基準と任意保険の基準と裁判所の基準で分けることができます。自賠責保険の基準は3つある基準の中では、最も低い賠償額となります。自賠責保険自体も運転者が必ず契約しなければならない保険であり、人身に対して最低限度の補償のみを付けています。その為、自賠責基準での支払いでは、被害者に対して法令で決められた金額を限度として補償を行います。次に、任意保険の基準は自賠責保険でカバーできない損害を補償するための保険です。一般的に自動車保険と呼ばれているのはこの保険であり、契約内容により損害の支払い額も上下します。ですが、算定基準として自賠責保険のカバーを目的としているため、自賠責保険よりも保険金は高額となります。
最後に、裁判所の基準はこの三つの中で最も高額となっています。法律や裁判所の考え方、判例などを参考にして保険会社に請求する為保険額の限度に囚われない保険金の交渉が可能です。