保険料とは、自動車を運転する全ての人に関係する自動車保険の料金のことです。一般的には、等級が定められており、この等級に従い事故を起こすリスクの低いドライバーほど保険料が安く設定されています。逆に、事故を起こすリスクの高いドライバーは保険料が高くなります。つまり、自身の等級によって保険料は変わるものであり、自分で保険料を決められるような仕組みはありません。また、事故を起こせば起こすほど等級は低くなり、保険料は必ず高くなります。
保険料の等級は1~20の20段階に区分されており、1年間無事故だと等級が1つ上がると規定されており、翌年の契約保険料の割引率が大きくなる仕組みです。注意手として、事故を起こして自動車保険を使用し、損害金の大きな事故では等級が3つ下がります。これをカウント事故と呼び、翌年契約の保険料の割引率が小さくなります。しかし。事故を起こして保険を使っても内容によっては翌年契約の等級が下がらず割引率が変わらない場合もあり、無事故だった場合と同様に1つ上がる場合さえもあります。この裁定には、過失割合が大きな影響を与えています。また、損害保険の保険料率は、各社独自の面もありますが損害保険料率算出機構が算出した「純保険料率」を参考純率と呼びスタンダードな保険料率としています。