使用者責任とは、自動車の運転者に科せられる使用上の責任に基づいた責任に関する規則のことです。運手者には必ずつきまとうものでこの責任は、交通事故に限らず運転者である限り必ず果たさなければならないものです。また、この責任の根拠になるのは加害者側の不法行為責任です。つまり、罪を犯したら罰せられると同じく運転においても相手に怪我を負わせる、車両を壊す、会社を休ませる、後遺症を残すなどの行為をしたときの責任は運転者にあるということを定めています。また、同乗者はこの責任においては関係なくあくまで運転し過失を犯したものにのみこの責任が問われています。
また、不法行為として定められているかどうかかかわらず使用者である限りはこの責任を果たさなければならず、実際に不法行為を犯し損害を与えたかどうかは関係ありません。もちろん飲酒運転でセンターラインを飛び出す・・・などは不法行為な上、不法行為を行っているので保険が使えるのかどうかさえ怪しい点もあります。この原理は報償責任の原理にとされています。つまり、車両の使用者は使用者以外のものが車両を使用することによって利益を得ている以上は使用者とされていいるもの以外の使用によって生じた損害についても責任を負担すべきであるという考え方に沿ったものです。