休車損とは、おもに会社などで所有する営業車両に使う言葉で、交通事故により損傷した自動車を修理したり、車そのものを買い替えるための相当な期間において事故にあった車を運行できなくなったことにより、本来得ることのできたはずの利益の減少を損害と定義するものです。つまり、会社の営業車がなくなったことによって事故がなければ得られたはずの利益を損害として扱うというものです。
また、休車補償として請求できる金額は、基本的にはその車両の事故前3ヶ月の平均売上を基準に算出します。またこの金額については、事故車両の売上に変動が多数ある場合、1年間全体を通しその休車期間の売上を算出した上で純益を計算します。
例としてあげれば、タクシー、バスやトラックなど会社で所有する車には一般車とは異なる国で認められたナンバーが付いています。このことからもわかるように簡単に乗り換えできるものではありません。その為、車の修理している期間にその車が使えなかったことによって営業上の損害が出るという場合は多々あり得るのでこの制度が存在しています。しかし、営業主が事故車以外にも代替可能な遊休車を多数持っている場合は、営業損害の発生をそりものは回避できるという考え方なので休車損害の請求はできませんので覚えていてください。

広告