休業補償とは、交通事故で欠勤せざるをえなくなった場合には収入減となってしまった場合の補償のことです。給与所得者、自営業、主婦・主夫の方など働いている人を対象にしており、交通事故によるケガで入院・通院となった上で欠勤分で給与が下がった、ボーナスが減額されたなど労働に換算できるものは全て補償の対象となります。しかし、休業補償の対象者であるという事実を知らず保険会社のいいなりになってしまっている場合も少なくありません。知識というよれも対策の方法を常日頃から調べておくと、いざというときにも困りません。
休業補償は入院・通院のために休業せざるをえなかった部分の補償であり、事故後でも仕事に復帰出来なければ休業補償の対象になります。しかし、それが休業期間として認められるものなのかは医師の判断に従う必要があります。つまり、医師が定めた期間以降の休業は基本的には認められにくい現状があります。
また、休業日数は症状固定までに必要とされ休業した日数が基本です。しかし、必ずしも休んだ日数のすべてが含まれる訳ではなくその期間の認定は負傷の程度で違います。怪我や症状の程度によりますが、休業は必要ないであろうと判断される場合には休業日数が限られてきます。また、目に見えてわかる怪我や身体の損傷がある場合のみが認められる訳ではなく内的・外的全ての事故が原因とされるものが対象になります。

広告