休業損害とは交通事故にあった被害者の方がケガをしたことにより、その事故によって負わされた怪我や状態が治癒あるいは症状固定という判断になるまでまで働くことができない場合の損害のことを表します。交通事故で会社を休まざるをえなかった為、給料の一部或いは全てが支払われなかったり、ボーナスが減った,または支払われなかったなどの例がとても多いです。
休業損害の具体的な金額は,1日あたりの基礎収入から割り出した損害額に対して休業せざるを得なかった日数をかけて計算するという方法が原則です。つまり、休業損害は相手に請求することで支払われる被害者の為の制度であり、休業日数なども医師の診断による正当な日数で判断されます。また、この休業日数については,治療期間内でも、実際に休業した日数のうち傷害の内容やその過程などにゆり、被害者の方が独自で休んだ場合は休業損害には含まれない可能性があります。必ずしも休んだ日数=休業日数とはならないことにご注意ください。
交通事故に遭った場合に賠償を請求できる損害として,「消極損害」があります。これは,交通事故に遭わなければ得ることができていたであろう収入等(広義の逸失利益)を損害とするというものです。