任意保険とは、自賠責保険と違い強制加入ではない追加保険です。また、自賠責保険との大きな違いは対物補償があるかどうかです。自賠責保険は「強制保険」と呼ばれ、必ず加入しなければならない保険であり対人補償のみを有しています。しかし、あくまで最低限の補償を確約するものであり、賠償額で言えば数ある支払い基準の中では最も低い賠償額となります。これに対する任意保険とは、一般の保険会社が保険商品として提供しているものであり、法律によって加入が強制されてもいません。また、任意保険のサービス内容を利用しようとする場合は各自で申し込みが必要です。ちなみに任意保険の任意とは加入自体が任意であるという呼び名からです。またサービス内容や特約に関しては各社でかなりの違いがあります。また、任意保険は自賠責保険では払いきれない賠償額を補てんする目的でもあります。そして被害者にしても任意保険は大きな影響力があります。事故の損害賠償額を保険から支払うようになる為です。もし、酷い物損とともに人身事故を起こして任意保険に加入していなかった場合は、任意保険にあたる部分が直接加害者に支払い請求が来ます。また、支払うと決まった示談に対して債務不履行のような状態になり破産に陥っても賠償額は支払い続ける義務があります。