任意一括払いとは、交通事故に遭った被害者に対して、任意保険会社が自賠責保険と任意保険の保険金額を一括で支払うことです。示談の話にはなりますが、スピーディーな支払いがされることがメリットになっている支払い方です。また、自賠責保険と任意保険の会社が違ってもこの支払い方ならば、自賠責保険会社への請求は後回しになります。なぜ、このような制度が出来たのかというと、自賠責と任意保険の損害請求は窓口も違う上に会社も違うため書類の作成や準備しなければならないものが多く、かなりの時間を要するためです。つまり、そのままでは時間のかかる支払い請求先を一括でまとめることで、当事者の請求手続きの軽減と迅速な支払いを受けることができます。
また、この手続きを行う際には保険会社から同意書が送付され、その同意書を返送する必要があります。
知識として覚えていてほしいのは、一定の期間を過ぎると治療や診療に保険会社が口を出すようになります。一定の期間が過ぎたのでなどと治療費の支払いを自動車保険ではなく、健康保険に切り替えるようにいわれることもあります。 しかし、このように言われても被害者としては納得のいくことはないでしょう。。治療も必要であれば期間は関係ありませんし、何よりそういう状態にしたのは加害者側です。納得のいかない説明や言葉など、少しでも不満に思うことがあるなら専門家の意見をきくようにしてください。

広告