仮渡金とは、損害賠償の額が確定する前でも将来的に損害賠償として支払われる予定の資金の支払いを自賠責保険会社に対して被害者請求することができる制度のことです。自動車による交通事故に遭った場合には被害者の方は加害者等に対して損害賠償を請求できますが、請求したからといってもすぐに損害金が支払われるわけではありません。損害金が支払われるまでには相当の時間が掛ります。原則として,示談・和解が成立した場合または裁判が確定し支払われるべき損害賠償金額が確定した段階での話です。
支払基準に従った支払いを求める場合であれば全ての調査が終わってからということになり、時間が掛ります。しかし,それでは交通事故に対応しきれません。通常、交通事故で怪我をしたら、治療費などは迅速に支払わなければなりません。ましてや、死亡事故の場合であれば遺族の方は葬儀費用の支払いなども必要となります。その為、被害者側の救済措置としてこの制度があります。また、仮渡金の制度を利用したことにより裁判や後遺障害の認定において不利になったりはしません。相手側の対応を見て被害者側が動く必要もありますが、迅速な対応をしない保険会社の場合はこちらから打って出るしかありません。つまり、損害賠償額が確定する前の支出に迅速に対応する仮渡金制度は被害者の味方です。

広告