交通事故証明書は、まさに文字どおりなのですが事故が起きたという事実を証明する為の書類です。 交通事故証明書には、その事故の発生日時や場所、当事者の氏名などが事故に関する様々な事が記載されています。 また、この交通事故証明書は、事故に関して警察への届出を行った後に申請することで各都道府県の交通安全運転センターが発行してくれます。 この書類は、何に必要になるのかというと自動車保険を使う場合です。しかし、殆どの場合は保険会社の担当者が取付けを行いますので自分で取りに行く機会は稀です。
交通事故証明書を交付する為には、事故後警察にその事実を通報して警察による事故処理が完了されていなければなりません。つまり、交通事故を起こしたがその場で示談にし通報しなかったなどの場合では交通事故証明書は発行できません。また、保険会社を使う際には必ず必要な書類のため警察の処理を行わずに証拠を立証するのは限りなく難しいといえます。自分で立証する前には、保険会社の方で警察に処理してもらってないという事実のみで示談を行っていても保険を使えなくなる可能性の方が高いということを忘れないでください。