事故発生状況報告書とは、交通事故証明書の事実に基づき事故現場の状況を図示しその状況を文章にまとめる書類になります。簡単な書類のように思えますが、過失割合を決めたりその後の賠償額を左右するほど重要な意味を持つ書類です。もし、この書類が存在していなければ任意保険の請求はできなくなってしまいます。つまり、交通事故に遭った場合は必ず医師の診断を受けると共にいくら怪我らしい怪我がなくとも警察を呼ぶのがベストな対処方法となっています。もし、車同士の事故で相手が警察へ行くのを躊躇っていても躊躇しないでください。
また、交通センターで発行される交通事故証明書は事故発生についての証明であって、事故原因・損害の程度・過失の有無などを証明するものではありません。もし、任意保険会社への請求を考えいてる場合は、必ず事故発生状況報告書を作成して事故状況を詳細をまとめましょう。
また、事故発生状況報告書はほぼすべての事故で任意保険請求に必要な書類になります。任意保険会社より損害賠償の各項目の算定額はそこそこ認めていても、一方的に過失割合が提示される場合があります。保険会社にもよりますが保険会社は被害者への必要以上の支払いを行わない傾向にあるのでその点にも気を付けてください。

広告