事前認定とは、交通事故により負傷し相手方の任意保険会社が責任として自賠責分も立て替えて支払う賠償金のことです。主に事前認定が行われるケースでは、今後の医療費や生活にかかる負担、後遺障害も加味した一括払いが主流になっています。事前認定は、その手続きを任意保険会社がすべて代行してくれます。なので、被害者は自ら書類や資料を揃える手間がかからず一見メリットばかりがあるようにも見えます。しかし、保険会社担当者は被害者に対して適正な等級が認定されるように積極的にアドバイスしてくれたり、書類の不備、検査の不足を指摘してくれることはないと考えてください。また、今後の賠償額を加害者側にすべて任せるということに抵抗を覚える方はとても多く、弁護士などの専門家を立てる場合も少なくありません。保険に則った正当な額などと主張してくる場合もありますが、それはたいていの場合保険会社に都合のいい回答でしかない点には気を付けてください。
また、事前認定の場合は損害賠償金を支払う時期などは症状固定の時期などとは関係なくもっと早い時期に支払われます。この為、その支払われる額が正当なものなのかさえ分からない状態の場合も多いのが現状であり、事前認定後に弁護士に相談しても手遅れというパターンもあります。その為、交渉段階から法律の専門家に相談するのが得策となっています。

広告