中断証明書とは、自動車保険の満期終了後に、再度自動車保険を結ぶ際に自己の等級を引き継ぐことができる制度を利用した保険会社が発行する証明書のことを言います。自動車保険の等級は、自動車保険の契約者の事故内容に応じてリスクを1~20等級に区分して、等級ごとに保険料の割増引を行う制度のことであり、20等級と1等級での差額は倍以上あります。また、自動車保険を契約するときは6等級が適用され、その後1年間無事故の場合には翌年度の契約の等級が1等級上がり、保険を使うような大規模な事故があった場合には3等級下がります。つまり、自動車保険は個人の事故履歴で料金に差があり、車を廃車にしたり。譲渡・売却したりするときに自動車保険を失効してしまうと等級を上げた意味そのものがなくなってしまいます。
このようなときには、中断証明書が有効です。 中断証明書を発行することで10年以内に再度、車を所有した場合には中断証明書を発行したときの等級で自動車保険を契約することができると規定されています。 しかし、事故から半年間は中断証明書を発行できないので注意してください。なお、この中断証明書を取得するためには条件があり、その条件を満たした上で中断証明書の発行手続きをする必要があります。

広告