不起訴処分とは、交通事故・交通違反事件の加害者・容疑者について起訴をするか否かを判断し、起訴をせずに刑事裁判を経ることなく事件を終了させる処分のことです。交通事故に限った話ではありませんが、刑事裁判が行われない場合は前科がつくことがありません。もし、逆に刑事裁判を受けるとこになれば、9割以上の確率で交通前科がつきます。基本的に、交通前科がつくことは社会的にも人物評価としてもマイナスしかありません。
また、不起訴諸部により前科がつかなくなれば、ドライバーなどの職業に就くことも可能ですし資格に関してもはく奪されることはないですし、会社や学校によっては交通事故・交通違反事件を起こしてしまったも不起訴処分になったことによって懲戒処分にならずに済む場合もあったりします。つまり、不起訴処分は社会的にも重要な意味を持ち今後の人生の一角を左右するような重要な事項です。また、不起訴処分の規定は本人の裁量によるところも大きく本人の努力次第で被害者側と示談を成立させ、検察感に対して交渉していくことが認められます。つまり、自分が加害者として召喚され、交通事故・交通違反事件で不起訴処分を勝ち取るには弁護士を通じて検察官に対して交通事故・交通違反事件の証拠の立証、被害弁償、示談成立、被害届の取下げなど加害者として有利な事情を主張していくことが重要です。

広告