スパーリングテストとは、頸椎捻挫などにより、様々な神経への異常が発生していることを確認するための検査の一種です。このスパーリングテストはジャクソンテストと同様にいわゆるむち打ち症の場合の後遺障害の認定に際してします。そのテストの方歩として、患者がイスに座った状態で医師が後方に立ち、患者の頭を傾け下方に押したときに、頸部から上肢にかけての放散痛やしびれ感があれば陽性と判断されます。しかし、医師の診断で養成と判断されても保険会社任せの申請では等級認定は難しい面があります。何故なら、保険会社の方ではそこまで詳しい症状の記載、診断結果の推移など細かい点に関して言及してくれるわけではありませんし、加害者側ならわざわざ自分たちが支払う額を底上げしてしまうような等級認定については協力的ではない処の方が多くなっています。また、100パーセントどちらかが悪い場合で交渉するためには、被害者は自分である程度保険会社の人間と保険の話で渡り合う必要があり、素人には難しい状況にあります。そして任意保険や自賠責保険の請求額はある程度決まっており、その賠償額は自然に低い方に遭わせられると考えてよいでしょう。法的対処も視野に入れた方法で賠償金を補償した方が今後の為でもあります。

広告