ジャクソンテストはとは一般的にスパーリングテストなどと同様に頚椎の神経根障害に関する神経に関する検査方法です。ジャクソンテストは、患者がイス等にすわり、医師が後ろにまわり患者の頭部に後屈しながら、圧迫していきます。これにより、神経の異常を確かめ、疼痛やしびれ感が放散した場合には陽性という判定になります。また、似たようなテストにショルダーデプレッションテストがあり、こちらは患者の後ろに立った医師が片方の手で、患者の頭部を痛みやしびれがない側に押しつつ、痛みやしびりのある方の方を押し下げこちれにより反応が出た場合は養成という扱いになります。
そして、後遺障害診断書の+や-には意味があります。+は陽性、-は陰性となっており、比較的見てわかりやすい記載の方法なので何処に異常があるの素人でもかわかりやすくなっています。これらの神経に関するテストは、痛みやしびれがあったかなどの症状は自己申告となり、客観的な異常が目に見えてわかるようなものではないため医師の判断も難しいものです。また、テストの結果でも検査の結果でも良いですが保険会社には確実な証拠を見せつつ損害賠償を請求しないと支払い事態が厳しいというパターンも多くなってきます。

広告