アジャスターとは、資格を取得した上で、『「保険事故」に関し、損害車両の損害額、事故の原因および損傷部位と事故との技術的因果関係の調査確認並びにそれらに付随する業務を行なう』ことです。またそれらの規則は「アジャスター規則」に定められています。
その業務の一例としては、自動車修理工場を訪問した上で実際の損傷車両を確認、復元修理の為の「見積」をしその見積額の整合性の有無(報告と違う点はないか)の確認をして「報告書」を作成します。また、実際に現地までいかなくとも自動車の修理工場から送られてきた損傷車両の「写真・見積書」の修理見積内容に整合性があるかどうかを確認した上で事故の「原因調査」などを業務として行います。
また、業務の一環としてアジャスターは「物損事故調査員」という資格を持っています。その為社内業務では、弁護士のように相手の方や相手方加入の保険会社の担当者と「損害額」「過失割合」についての交渉等の業務を行うこともあります。
アジャスターの業務は、過失の有無は別として自動車事故の解決・保険金のお支払に関わる業務として、幅広い知識や交渉力、正義感、積極的な姿勢などか必要である社会貢献度の高い総合職です。

広告