実況見分と現場検証は違う!

実況見分という言葉を耳になさったことはありますか?

人身事故に遭遇した時に必ず行われるものです。交通事故に遭った場合、誰しも動揺するものです。

実況見分がどういった意味を持つものなのか事前知識がないと、突如、実況見分の場面に遭遇しても、よく理解できないその場の流れに流されてしまう方もいらっしゃるでしょう。

実況見分とは

交通事故の当事者は通報義務があります

交通事故の当事者になった場合、被害者加害者に関わらずいくつかの義務を負います。

ケガ人の救護義務や警察への通報義務です。

警察に通報した場合、交通事故現場に警察官がやってくることになります。

現場に到着した警察官は、加害者と被害者双方から話を聞きながら、交通事故の状況についての捜査を行います。場合によっては、事故の目撃者からも聞き取りが行われます。

これを実況見分と言います。

現場検証との違い

なお、実況見分と同じように現場検証という言葉もよく使われます。両者の違いは、裁判官の令状があるか否かです。

令状がなくて、関係者の同意を得て任意で行う捜査や証拠の保全を実況見分と呼んでいます。

このように、実況見分は、捜査機関である警察による捜査ですから、その点を心にとめて対応しなければなりません。

過失割合に影響するこちら側の言い分は遠慮することなく伝えましょう。

実況見分調書は、刑事裁判の証拠となります

実況見分の重要性は、刑事裁判においての重要な証拠となるという点にあります。

つまり、実況見分は、交通事故加害者への刑罰を決める際の重要な資料作りの側面もあるのです。

具体的には、実況見分で調べられた事実については、実況見分調書という書面に記録されることになり、それが今後の重要な証拠となるわけです。

民事での重要な証拠にもなります

民事というのは、被害者が加害者に対して損害賠償を請求することを言います。

実況見分調書は、刑事裁判での重要な証拠となるだけでなく、民事の場面でも重要な意味を持ちます。

被害者にとっては、こちらの方が重要と言えるかもしれません。

交通事故での損害賠償を決める際に、重要なポイントがあります。

それは過失割合です。

交通事故の場合、加害者に100%の非があるというケースは少なくて、多くの場合は、被害者にも何割かの落ち度があると認定されます。

例えば100万円の損害が発生した場合において、被害者に2割の過失があると認定されれば、100万円の損害から2割が差し引かれることになり、80万円の損害賠償しか受けられなくなります。

過失割合の意義

交通事故の損害賠償で過失割合が認められているのは、公平性を保つためです。

被害者にもいくらかの落ち度があるのに、損害の全部を加害者に負担させるのは、公平ではありません。

したがって、被害者の落ち度は過失割合によって斟酌されます。

遠慮することなく自分の主張をしましょう

それでは、過失割合を決める重要な要素は何かというと、実況見分における双方の供述ということになります。

特に目撃者がいない交通事故の場合は、双方の言い分によって、どういう交通事故であったかが推測されることになります。

したがって、自分の言い分は、遠慮することなく毅然と主張しましょう。

また、相手の言い分に飲み込まれることなく、納得いかないことは、安易に同意しないようにしましょう。

交通事故の状況について、不明な点があれば憶測で供述するのではなく、分からないとはっきり伝える方が好ましいです。

実況見分はきちんとしてもらいましょう

加害者に警察を呼ばないでと頼まれたときの注意点

交通事故に遭遇した場合、加害者側から、警察への通報をしないで示談で済ませてほしいと頼まれることがあります。

たとえば、警察に交通事故を通報することによって、加害者側が、免許停止や免許取り消しになる場合などが挙げられます。
示談金を払ってもらえるならいいのではと考えるのではなく、きちんと通報義務を果たして警察を呼びましょう。その上で、実況見分を行ってもらうことが大事です。

公式な記録として残しておくことの重要性

実況見分の重要性は、交通事故が発生したという公式な記録ができるという点にもあります。

いくら加害者が事故の直後は、誠実なことを言ってとしても、公式な記録がないのであれば、あとから加害者が交通事故を否定された場合に厄介なことになります。
交通事故の証明書は、警察が発行するのですが、それがないと基本的には自動車保険の保険金の請求ができません。

したがって、示談金の受け取りが現実的には難しくなるのです。

そのため、必ず警察への届け出をすることが大事です。加害者からの依頼には、毅然としてノーと主張しましょう。

これらを踏まえたうえで以下の点につき主張していきましょう

主張すべきこと1 事故の状況や双方の位置関係

特に、車同士の位置関係というものは大事になってきます。

過失割合は、事故の状況によって類型化されています。

したがって、正しい過失割合の認定を得るためにも、どういう状況で交通事故が発生したかについて、第三者に客観的に伝わるように話しましょう。

主張すべきこと2 相手に関する飲酒、信号無視といった不利な事情

加害者側は、自己に不利な事情については積極的に申告しようとはしないものです。

そこで、相手が警察に申告するしないに関わらず、相手が飲酒等をしていると確信する証拠がある場合は、それについても主張しましょう。

相手に言いくるめられないように気をつけましょう。

主張すべきこと3 ウソをつかない

ウソをつかないことも大事です。意図的に、自分について有利になるウソや、相手方が不利になるウソをつくことはご法度です。

ウソが露見すれば、供述全体の信用性が疑われます。

また、ウソをつく意図はなくても、あいまいな供述をするのも避けましょう。

記憶があいまいであれば、その旨を正直に伝えましょう。

主張すべきこと4 安易に署名捺印をしない

実況見分調書には、被害者加害者双方の署名捺印が求められます。

ご自分の主張が盛り込まれていないと感じられる場合は、警察官に対して毅然と署名捺印を拒否しましょう。

さらに、遠慮することなく訂正を求めましょう。

広告