同乗者保険
車はいつもドライバー単独で乗っているとは限りません。

家族や親しい友人とドライブすることもあるでしょうし、家族の送迎で車を使うことも日常茶飯事です。

そんなときに、交通事故に遭遇してしまい、同乗している家族や友人等がケガをしてしまった場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

そこでここでは、同乗者のケガに対する保険をめぐる問題についてわかりやすく解説いたします。

物損事故扱いにするか、人身事故扱いにするか

同乗者がケガをしてしまった時に、物損事故扱いにするか、人身事故扱いにするかを迷われる方がおられます。

こういった場合は、きちんと人身事故扱いにしましょう。

行政処分や刑事処分の面が気になって物損事故で届け出をしたいと考えられると思いますが、物損事故で届けると、保険の方からの同乗者のケガに対する補償が出ないことになってしまいます。

したがって、そのようなことは避けた方がいいです。

同乗者が家族かそれ以外かで補償は変わってくるのでしょうか?

交通事故の際に同乗者がいることは珍しいことではありません。

したがって、自動車保険というものは、同乗者の存在も想定して作られています。

ただ、ドライバーと同乗者の関係性によって保険の適用が異なる場合があります。

自賠責保険の場合

自賠責保険は、人身事故の被害者が賠償を受けることができないという事態を回避するために作られた強制保険です。

強制保険というのは、強制的に加入することが定められている保険ということです。

賠償を受けられない人を救済するための保険なのですが、交通事故を起こした本人には適用がありません。

では、同乗者についてはどう考えればよいのでしょうか?どのように取り扱われるのでしょうか?

自賠責保険の適用範囲は、運行供用者以外の「他人」であればいいことになっています。

したがって、ドライバー以外も他人が同乗していて交通事故によりケガをしたのであれば、それが家族であれ友人であれ、他人という要件に該当しますので自賠責保険の保険金は請求できるのです。

裁判所でも、同乗者がドライバーの妻であった事例につき、「他人」に該当すると認めました。家族の場合は、拡大解釈して本人に含めるのではなく、自賠責保険の趣旨に添うように他人と判断したわけです。

したがって自賠責保険により同乗者のケガは補償されますので安心と言えます。

任意保険の場合

任意保険の場合は、ドライバーとの関係性によって補償が受けられる場合と受けられない場合とに分かれます。それは保険の内容によるからなのです。

保険の約款には、ドライバー以外にも配偶者や父母・子供が死傷した場合は、補償をしないといった免責事項を定めている場合があるからです。

約款というのは、保険会社と保険加入者間のルールのことです。

対人賠償責任保険における他人

対人賠償責任保険における他人とは、自賠責保険における他人とは異なります。

自賠責保険における他人は、ドライバー本人以外の人であれば他人となりましたが、対人賠償責任保険における他人には、家族は入らないのです。

つまり、配偶者・親・子供が同乗してケガをした場合は、保険の適用がありません。

なぜそうなるかというと、夫婦や親子といった間柄は、経済的に同一の関係性であると考えられるため、損害賠償を請求したり、賠償したりということがそぐわないと考えられているためです。

つまり財布が一緒というわけです。任意保険においては、上記の考え方が取り入れられているために、家族の場合は補償されないのです。

その考え方を貫きますと、きょうだいや恋人、友人といった関係性の場合は、財布は別ですから他人に該当することになります。

したがって、これらの方々が同乗中に交通事故でケガをした場合は、対人賠償責任保険の適用が受けられることになります。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険は強い味方

対人賠償責任保険の適用範囲に家族は含まれないということになれば、家族がケガをした場合で、自賠責保険では賄いきれない場合は困ったことになります。

そこでぜひ、同乗者のケガに対する保険としては人身傷害保険や搭乗者傷害保険についても検討してみましょう。

これらは標準的な自動車保険には通常は、ついていることが多いので忘れずに確認してみましょう。

人身傷害保険

人身傷害保険とは、補償対象となる方が自動車の事故に遭ったときに支払われる保険です。

この保険の補償対象には、保険契約者ご本人だけでなく、そのご家族も補償対象となっている場合が多いです。

搭乗者傷害保険

この保険は、交通事故時点で車に乗っていた人すべてが対象となります。そうしますと、同乗者はもちろんのことドライバー自身も補償の対象となるのです。

搭乗者と言われるとつい、同乗者と混同してしまいドライバーを外して考えてしまいがちですが、ドライバーも車の搭乗者となります。

搭乗者傷害保険については、保険会社から積極的には、話を持ち出してこない場合がありますので、保険加入者の方から保険会社の方に問い合わせをなさることをおすすめいたします。

まとめ

人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入していれば、交通事故によるケガについて、その治療費や入院時にかかってくるこまごまとした雑費のほか、入通院による慰謝料を受け取ることができます。

その他、お仕事を休まざるを得なくなった場合の休業損害や、後遺障害が残った場合の後遺障害による慰謝料、後遺障害が残ったことによる逸失利益といった名目で、補償を受けることができます。

同乗者の保険の問題は複雑と言えます。したがって、分からないことが生じた場合は、そのままにせず、保険会社に問い合わせたり、弁護士といった法律の専門家に相談をしてアドバイスを受けることが問題解決の近道と言えます。