近頃は、自動車保険の中でも任意保険に、弁護士特約が付いたものが増えてきました。

これはとても魅力的な特約なのですが、まだ認知度が低いためか、利用率はそんなに高くありません。

そこで今回は、自動車保険における弁護士特約について解説いたします。

お得な特約ですので、ぜひしっかり押さえておいて必要な時は活用なさってください。

交通事故の示談交渉における弁護士費用の悩みとは

そもそも、交通事故に限らず損害賠償請求手続きは、法律知識が十分でない一般の方には難しいことです。もちろん専門家にとっても難解な案件となるケースが多い分野です。

交通事故の場合、さらに医療の知識も必要とされます。なぜなら、交通事故の被害者は、必ずけがをしているものですし、さらに後遺障害を負っている場合もあるからです。

そのため、交通事故における後遺障害の考え方や後遺障害とはどういったものを指すのかといった基礎知識をもっていないと、示談交渉の相手方と話がかみ合わない恐れがあります。

示談交渉の相手はプロです

うっかりしがちなのは、示談交渉の相手方は示談交渉のプロだという点です。

どうしてそうなるのかというと、任意保険には、示談交渉代行というオプションがついているからです。したがって、加害者と被害者が直接に示談交渉するわけではないのです。

任意保険の担当者と交渉することになるのです。保険会社の担当者は日々、示談交渉を行っていますから、相当詳しいわけです。

交通事故をあまり扱ったことがない弁護士よりも詳しいと言えるでしょう。またさらに、場合によっては、加害者側が弁護士を立ててくる場合もあるでしょう。

そうなると、交渉事が苦手な人はもちろん、自分で示談交渉を進めようとお考えの方であっても、法律の素人が法律の専門家相手に示談を進めることは容易なことではないと言えます。

損害賠償の基準は複数あります

ややこしいことに、損害賠償算定の基準は、複数あるのをご存知でしょうか。自賠責保険の基準・任意保険の基準・弁護士基準の三つがあります。

また、算定の金額もこの自賠責保険の基準<任意保険の基準<弁護士基準の順序で高額となります。

では、請求する側は、いつも弁護士基準で請求すればいいのかというと、そう簡単な問題ではありません。

保険会社の担当者に、被害者が弁護士基準での請求を行っても払ってくれることは難しいでしょう。

通常は、裁判手続きに移行して勝ち取ることになります。裁判という話になれば、これはもう弁護士に依頼することが望ましいということになるでしょう。

弁護士費用が問題

裁判を考えるにしろ、示談で済ませるにしろ、可能であれば弁護士に最初から依頼して代理で進めてもらうのが最善の方法と言えます。

しかし、みなさんがそこで躊躇するのは、一つは弁護士費用の問題があると言えるでしょう。

たしかに、弁護士は無料では依頼を引き受けてくれませんから、報酬を払うのは当然です。

ただ、交通事故の損賠賠償請求の場合、全く賠償金が取れないわけではなく、増額を目指してのことですから、確実に回収することはできるわけです。

そこで問題となるのは、当面の費用ということになります。

弁護士費用の中身

ひとくくりに弁護士費用といっても、その内訳にはいくつかあります。

まず着手金と呼ばれる費用です。これは、弁護士に依頼する段階で支払う費用です。途中で、依頼を解除したり、裁判に負けたりしたとしても返金はされません。

次に、成功報酬です。これは弁護士の働きによって、勝ち取る金額を増額できた分に対して弁護士に支払う費用です。その他、日当や実費等もかかります。

この中でも、着手金を工面するのがハードルとなって、弁護士への依頼を躊躇する方が相当数いらっしゃるのではないでしょうか。

弁護士費用特約の魅力とは

このように、交通事故の損害賠償について、弁護士に依頼した方が絶対いいと和解っているのだが、お金の工面の点で悩みを抱えている方が多い実情を考慮して、その悩みを解決するために弁護士費用特約は作られました。

これは、任意保険のオプションの一つとして用意されていますから、まだ加入していない方は、ぜひ加入なさるとよいでしょう。

特約の保険料は決して高くなく、2,3千円といったところですから安心のためにも入っておかれることをおすすめいたします。

また、保険会社にすすめられるままに保険に加入していて、ご自分が弁護士費用特約に加入しているかどうか不明な方は、まず一度保険証券を確認なさってください。

確認された上で、弁護士費用特約に加入されていれば、ぜひ活用しましょう。

この特約は、交通事故の損害賠償請求について弁護士に依頼するということになった場合に、弁護士に対して支払うべき費用を、任意保険会社が保険金として支払ってくれるという特約です。

この特約に加入していれば、示談交渉が長引いてからでなくても、示談を始める前から、つまりはじめから弁護士に依頼してしまうということも可能でしょう。

交通事故に遭ったら、まず、保険証券を確認して、どのような保険内容であるか確認しておくとよいでしょう。

弁護士費用特約は、加入の際に意識的に入っている人が少ないこともあり、まだまだ利用率が高くありません。

この特約を使ったとしても、来年度の保険料が上がることはありませんから、安心して利用してください。

弁護士費用特約で負担してくれる弁護士費用はいくらが上限ですか?

弁護士費用特約で負担してくれる費用には、上限が設けられています。弁護士費用の総額でいうと300万円までとなっています。

ただ、多くの交通事故の弁護士費用が300万円までで収まっていますし、それを超える場合であっても、弁護士費用のうち、着手金が300万円を超えることはありません。

成功報酬については、相手方から勝ち取った金額から弁護士に支払えばよいのですから、300万円という上限があっても依頼者の金銭的な負担は実際は生じないといってよいでしょう。

弁護士費用特約を使うと、保険会社の指定の弁護士に依頼することになりますか?

任意保険の弁護士特約を使うと、保険会社指定の弁護士に依頼しなければならないのだろうかとご心配なさる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、弁護士に知り合いがいないので、保険会社が紹介してくれるなら、その方がありがたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

反対に、すでに信頼できる弁護士がいらっしゃって、その弁護士に頼みたいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

どちらの場合であっても、弁護士費用特約は使えます。

弁護士はそれぞれに得意分野を持っていますから、ぜひ、交通事故問題に詳しい弁護士に相談なさることをおすすめいたします。

広告